お母さんが穏やかな気持ちでいるのが大切

*********************

Aさん。5月28日生まれ。第2子誕生。

*********************

新しい家族の誕生を
母子未来センターで迎えられることができ、
わたしは本当に幸せ者だと思います。

 

妊娠中、出産、産後と
身体的なケアはもちろん、
精神的にサポートしていただいたおかげで、
退院に向けて、
穏やかな気持ちで新たなスタートをきれます。

お母さんが穏やかな気持ちでいれば、
なるようになっていく!!をモットーに、
夫と助け合いながら、
新しい家族を育てていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

本当にここは”幸せなお産”のできる場所でした。

*********************

Cさん。5月16日生まれ。第3子誕生。

*********************

上の子2人は総合病院での出産だったため、
3人目の今回もリスク軽減と思い、
初めは同じ総合病院に通っていました。

 

ただ、いつも、
心のどこかに母子未来センターの存在があり、
ここで産むっていう選択肢もあるのか…、
もしかしたら最後の出産だし、
違う形でのお産を経験してみたいと迷う気持ちでした。

そんな中、センターの見学会に参加し、
施設を見せていただく機会があり、
分娩室でお産のシュミレーションを
させてもらったところ、
今までとは全く違うお産を目のあたりにして、
なぜか、涙が出てきました。

 

もしかしたら、
お腹の中の赤ちゃんも
ここで生まれることを望んでいるのでは?
そんなメッセージなのでは?と感じました。

お産を通して、
妊婦として、母親として、
とても大切にしてもらえていることを
ストレートに感じています。

 

自分が妊娠中、出産時、産後、
子育てでやりたいことを
尊重してくれることはもとより、
不安や疑問にきちんと丁寧に
説明、対応してくれて、
まずは、何でも言える、
何でも相談できることが
安心感や信頼感につながりました。

自分のお産、自分の子供、そして自分自身を
こんなに大切にしてもらえたら、
今後の育児も頑張れそう、
自分自身の生き方まで
自信がもてそうな気がしてきます。

また、ここでの幸福感の要因は
助産師さん達の対応だけにはとどまりません。

静かできれいで、明るくて、
木目の温かさのあるゆったりとした環境。

 

上の子達がきても気兼ねなく過ごせる雰囲気。
「我が家」のようなダイニング…。

 

環境、スタッフ、その他いろいろ、
ここに集まる様々な物が相まって
こんなゆったりとした幸せな空間に
なっているのだなぁ渡感じます。

はぁ、こんなに幸せいっぱいの日々も、
明日には退院です。

それを考えると、さみしい。

でも、母子未来センターで
産めたことに感謝の気持ちと
自信をもってまた、
明日から自宅で育児を頑張りたいと思います。

 

ここまで支えてくださった
センターの皆さん、
夫、子供達、家族、友人、
多くの皆様に心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

 

女性として至上最幸の時間

*********************

Kさん。1月17日生まれ。第2子誕生。

*********************

一緒にその「時」を待ち、
いざその「時」が来そうになったら、
たくさんのあったかい手でわたしの体に触れ、
わたしとBABYができる限り
苦しくないよう支えてくださって。

 

ただただ  ありがとう♥
の言葉しか見つかりません。

野生に還り、自分と向き合い、
BABYを想い、家族を想う…。

やっぱりあれは、
女性として至上最幸の時間だったんだなぁ。

母子未来センターの助産師さん、
スタッフの皆様、
これから出産するママ、
誕生するBABY、そして大切な家族、
み~~~んなに幸多き日を★