助産所の出産とは

助産所では、「産む力・生まれる力・生きる力」を大切に、あなたらしい自然なお産を目指しています。
妊娠期からお産後まで一人一人、丁寧に助産師が健診や保健指導をおこない、女性と家族が安心して赤ちゃんを産み育てるお手伝いをしています。

助産所は、医師がいない、助産師だけの出産施設のため、女性本来のチカラを十分に生かし、自然な出産を行うところです。
しかし、出産は命がけといわれているように、何が起こるかはわかりません。
医療行為の必要な時は、適切なタイミングで助産師と嘱託医と連携しておりますので、どうぞ安心してお越しください。
当センターの連携医療病院は、ゆいクリニックになっております。

 

※当センターでは日本助産師会の助産所業務ガイドラインに遵守しています。ガイドラインは下記の通りです。

助産院では正常な妊娠、分娩経過のお手伝いをさせていただきます。
*正常な妊娠・分娩とは… 妊娠中を健康に過ごし、妊娠中37週から 42週未満の分娩のことをいいます。
ただし、
<以下のような場合は助産院での分娩をすることができません>
・逆子(骨盤位)がなおらない(30週以降)
・帝王切開をしたことがある
・双子、三つ子の妊娠
・合併症がある(喘息、甲状腺機能異常など)
・感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIV等)
・子宮筋腫がある、または子宮に異常がある
・子宮の手術をしたことがある
・血液型がRh(-)や不規則抗体(+)である
・前置胎盤といわれている
・胎児に異常がある(胎児発育遅延、奇形など)
・妊娠経過に異常がある(高血圧、高血糖など)
・羊水に異常がある(羊水が多い、少ないなど)
<その他以下のような場合は、嘱託医と相談しながら分娩場所を決定します>
・高年初産(35歳以上)の場合
・前回の妊娠・出産で異常があった(早産、胎児異常、出血多量など順調でなかった場合)
・今回の妊娠経過中に貧血やその他の異常を指摘されている場合
・不妊治療による妊娠
・喘息の既往がある
・精神疾患の既往がある

母子未来センターのお産の特徴

母子未来センターでの出産は、畳の上で行うフリースタイル出産です。
そのときの状態に合わせて、あなたの楽な姿勢で出産することができます。
立ち合いは、ご主人やお子様、母親、友人など、産婦さんがご希望する方であればどなたでも可能です。

産後にはご主人やお子様も一緒に入院することもできます。

入院日数は産婦さんが自由に決められます。
上のお子様のことが気になる方、早めに退院をご希望の方はママと赤ちゃんの様子もみながら、早めの退院も可能です。
早めに退院された場合は、ご自宅への訪問をさせていただくか、助産所に来院いただき、産後のママと赤ちゃんの様子を診せていただきますので安心です。

お産直後からママと赤ちゃんは母児同室で一緒に過ごし、母乳育児をサポートいたします。
母乳育児をご希望の方は、助産所でのご出産をお勧めします。

 

妊娠が分かったら…



当院で出産をされる場合、始めに病院で医師の診察や健診・検査が必要です。「妊娠したかな…」と思ったら病院で診察を受け、妊娠の診断を受けます。そして予定日を決め、妊娠初期の血液検査なども行います。
※どこを受診したら良いか分からない方は、受診前にご相談下さい。

妊娠していることがわかり当センターでの出産を検討されているということでしたら、まずは、施設見学のご予約を取ってご来院ください。リピーターの方は、1回目の健診をお済み後に、妊婦健診の予約を取ってご来院ください。

母子未来センター見学ツアーは、毎月第2土曜日に行っています。詳細はこちら
もし、見学ツアーの日にご都合が合わなければ、個別でも対応していますので、気軽にご相談ください。

妊婦健診はその地点での妊娠週数によって、母子未来センターを受診するのか、先に医療機関を受診するのかが変わってきます。電話にてお問い合わせの上、ご予約をお願いします。

妊婦健診のご案内はこちら

母子未来センターでは、フリースタイル出産を推奨しています。畳の上で自分の楽な姿勢で出産することができます。
家族の立ち会いも可能です。くわしくはこちら

全個室です。産後すぐから赤ちゃんとの生活が始まります。24時間助産師がセンター内に在駐しているため、安心です。

母子未来センターは、母乳外来も行っているため、1ヶ月健診が終わった後も、赤ちゃんが母乳を卒業するまで通院することができます。

連携医療病院

ゆいクリニック
〒904-2142
沖縄県沖縄市字登川2444-3
TEL:098-989-3801
HP: http://www.yuiclinic.com/