妊婦健診について

一人一人のコミュニケーションを大切に、
正常な妊娠の健診(妊婦健康診査受診票使用可)を行っています。

 

腹部超音波(エコー)設備を取り揃えており、
妊娠中・育児期間中の健康管理や生活指導やご出産に関するあらゆるご相談をお受けしています。

完全予約制のため、ほとんど待ち時間なく、健診を受けることができます。

ゆっくりと、お話を聞きながら、妊娠・出産・育児に関する悩みや不安の解消をお手伝いします。

キッズスペースも完備しているため、子連れでの健診時に気軽にご利用ください。


【待合室】


【キッズスペース】


【健診室】

健診の内容

  • 問診
  • 体重、血圧、尿検査、子宮底・腹囲測定、浮腫の有無などの一般検査
  • 腹部触診による子宮や胎児の状態を診察
  • 超音波エコーによる、胎児の成長の計測
  • 妊婦相談、アドバイスなど
  • 臨月に入ったら、実際に分娩室にて、出産シュミレーションをおこなっています。
    お産のイメージ作りができ、安心して出産を迎えることができます。

所要時間

40 ~ 60分

【完全予約制】

妊婦健診の流れ

妊婦健診2回目以降は、当初にて健診をおこないます。

  • 23週未満は4週間に1回
  • 33週からは2週間に1回
  • 36週間以降は週1回
  • 40週以降は週2回
    ※ただし、時期を見ながら、嘱託医もしくは近医にて、妊婦健診を4~5回受診していただいております。

妊娠健診(36週以降)

一般的には、妊娠37週0日から41週6日までが正期産と呼ばれ、この5週間の間でしたら当院での出産が可能となります。

36週過ぎてからは、毎回、NST(胎児心拍モニタリング検査)も行います。

お産までの間に、担当の助産師に会うように健診を組んでいきます。

事前にお会いしておくことで、お産の時の不安解消にもつながります。

なるべく、ご主人やお子さんとも出産までに1回以上は健診に付き添うことをお勧めします。